印面の説明/インキ | キー印オフィシャルウェブショップ

印面の説明

キー印の印面には、ネーム印とシート印の2タイプがあります。

ネーム印は一般的ないわゆるシャチハタタイプの直径9mmで、どこにでも押し易いサイズ感です。

インク容量は文字形状や使い方によりますが、約2000~回の連続押印が可能です。

シート印は新たに開発された印面になり、~最大印面積17mm×17mmで作成が可能です。

インク容量は文字形状や使い方によりますが、500~1000回の連続押印が可能です。

キー印のもう一つの印面の特徴は、完全オーダー品というところです。

このような浸透印の一般的な商品では

既存書体そのままの陰影で作られますので、同じ名前だと同じ陰影で区別がつきません。

そこでキー印ショプはECサイトの強みを活かし、

既存書体をひとつひとつデザイナーが配置しサイズに合わせて制作することにしました。

よって同じ名前どうしでも少しづつ違う陰影となり、オリジナルのものが完成します。

※陰影については、キー印デザイン担当におまかせ頂くことをご了承ください。

仕上がりイメージはこのページの画像をご参考下さい。丸印タイプであれば、端が少しはみ出すような形にしています。

それにより、オリジナルな形で大きく名前が印字されます。

丸印:Φ9mmの小さい印面には苗字のみがおすすめです。

Φ12mm以上であれば、フルネームで実印のようなデザインも可能です。

~Φ16mmなど大きい印面には、古印篆書体を使った実印風が似合います。

角印:名前や氏名はもちろん、社印やショップ印などにも最適です。

大きいサイズであればメールアドレスや文章もはいります。

改行と文字数合せについて:角印・丸印共に、文字数が半端になる場合、~~~印、~~~~之印(~~~~の印)のようにして文字数を合わせるという方法があります。特に文字数が少ない場合、印章らしいデザインになり有効な方法です。(古印篆書の場合"印"の字が90°傾くデザインになります)
例:左(上)画像のデザインルーム合同会社印

インキ補充方法

キー印には専用の補充インキがございます。

ご購入は TOPページ下の方 もしくは 商品一覧>補充インキ・アフター品 よりお願いします。

補充の仕方は動画がございます。ご参考ください。